[インプレッション]

対象マシン

'17 ZX-14R ABS High Grade

足つき

身長187センチの俺は、足底べったりです。
意味ないか・・・(笑)

慣らし運転

慣らし運転は二段階。
第一段階・・・0~800Km エンジンの回転数を4000rpm以内。
第二段階・・・800Km~1600Km エンジンの回転数を6000rpm以内。
はっきりいって第一段階の4000rpm以内でも公道では十分。
これでも法定速度を超えてしまう(笑)

加速

0~4000回転ではふわ~っとした感じでゆっくり加速していく。
5000回転を超えると狂暴てきな加速をする。
7000回転以上だと異次元の加速をする。

制動

さすがブレンボと言うしかない。

どんなスピード域からでも、キッチリと停まる。
コーナー手前で確実に減速させることができる。

コーナーリング

通常の高速コーナーでは、二―グリップで軽く倒せばハイスピードでコーナーリングしていく
低速コーナーの場合でも、腰を出せばキッチリ倒しこむことができ、スムーズにコーナーリングできる。
連続コーナーでもひらひらと倒しこむことができ、さすがZXの名を名乗っていることだけはあると思う。
車重は260Kgと重いが、その重さは走行時には感じなく軽快に左右に倒しこむことができる。

燃費


高速道路で18Km/Lといったところ。確実にZX-12Rより燃費は良くなっている。
街乗りでは15Km/Lといったところ。